外壁塗装で注意するポイント教えます

工事と近隣への配慮

工事と近隣への配慮

工事と近隣への配慮 外壁塗装工事の工程内には、高圧洗浄などのように音および洗浄時の水しぶきが飛び散るなど、事前に近隣の家へのあいさつを行うことが欠かせません。吹き付け塗装の場合は、塗料が噴射時に飛散するなどから事前に養生を足場の外側部分に取り付け、お隣の家などに塗料が飛散しないような配慮も欠かせません。高圧洗浄は、水圧を使って外壁の汚れを根こそぎ落とす外壁塗装の下地作りに欠かせない工程ですが、水しぶきの飛び散りは養生でシャットアウトはできても、100%お隣の家に飛び散らないとは言い切れませんので、洗濯物が干してあるときなどは声をかけての作業が求められるわけです。

養生はペンキや水しぶきなどが飛び散るのを防止すると同時に、作業中の音もある程度抑えることができるといわれており、外壁塗装の中でも高圧洗浄作業は音も大きいため養生が近隣に住んでいる人々への配慮に役立てることができます。なお、足場の設置や解体作業も音が出るものですから、工事スケジュールおよび内容の説明を行うことは大切です。

外壁塗装工事を始める際にはご近所への挨拶を忘れずに行いましょう

外壁塗装工事を始める際にはご近所への挨拶を忘れずに行いましょう 塗装業者さんとの相談を終えて、外壁塗装工事に入る前には、隣近所への挨拶を忘れない様に行いたいものです。外壁塗装時には、作業者の安全を確保するために法律で足場を組む事が法律で定められていますが、足場を組む事で何かとご近所に迷惑をかける事があるです。

また塗装時には塗料の種類により、結構きつい臭いが発生する事もあり、この臭いでも迷惑をかける可能性があります。さらに、隣の駐車場に万が一の場合に塗料が飛び散る恐れがある際には、その付近を塗装する際に、車をカバーで覆う等の対策にも協力をお願いする必要が生じる事もあります。

こうした点をご近所さんに説明し、場合によってはスムーズにお願い事を出来る様にする為にも、事前の挨拶は絶対必要と言えます。余り付き合いのない場合にはもちろんの事、親しい間柄でも行うのが常識と言えます。
ご近所を廻る際には、施主さんだけではなく施工業者さんも一緒に行い、工事日程の概要や協力と理解をお願いする点を上手に説明するのがポイントです。

新着情報

◎2020/11/13

工事後のチェックポイント
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

工事と近隣への配慮
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「工事 近隣」
に関連するツイート
Twitter

地元の駐屯地の自衛隊官舎を見せてもらった。築40年の建物は老朽化し、御殿場という富士山麓の寒冷地だというのに冷暖房も設置されていない。加えて爆音轟く演習場近くなのに防音設備もない(近隣家庭は公費で防音工事済)。緊急参集要員はそこに住むしかない。防衛費増による建て替えるが急務だ。

藤井寺球場・・・近鉄バファローズが本拠地として使用。近隣住民の反対によりナイター設備が設置できず、その後10年近く工事中断を余儀なくされた。大阪ドーム開場により二軍本拠地となり、2004年の近鉄球団消滅により閉場。

遠雷かな? と思えば近隣道路工事(舗装の張替)の音らしかった、10cm剝がして再舗装するそうだ。

リフォーム会社さんが工事承諾印もらいに近隣回ることはあるけど、うちで頼んだ会社は、いきなりドアフォン鳴らさず一軒一軒下の入り口から挨拶していたし、ましてや敷地内で他の家に営業回るなんてありえないから、だいぶ警戒してしまった。物騒な世の中だからね…気をつけて対応しようと思います。

近隣工事の影響で休業と聞いて心配だったけど、再開できたようで何より。