外壁塗装で注意するポイント教えます

外壁塗装のお役立ち情報がいっぱい!

このサイトでは外壁塗装工事が始まったときの予備知識を解説していきます。
外壁の塗装施工を依頼する方は珍しくありません。
しかし、施工が開始された後に何をすれば良いのかが分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで始まってからのことを紹介します。
この内容を読んでおくといざというときに役立ちます。
初めての方は特に読んでおくことにより、戸惑ってしまう可能性を大幅に減らすことが出来ます。
気軽にお読みください。

外壁塗装工事が始まったときの予備知識まとめ

外壁塗装工事が始まったときの予備知識まとめ 外壁塗装の工事が始まると基本的には施工業者に任せることになります。
毎日のように現場を訪れる必要はありません。
しかし、数日に1回のペースで現場を訪れることは有効です。
そのことが施工業者のモチベーションにも少なからず影響を与える可能性があります。
その際には飲み物などの差し入れを行うことも出来ます。
あまりにも高額な差し入れをおこなってしまうと、気を遣わせてしまうのであくまで飲み物やちょっとした食べ物などを選択するようにしましょう。
外壁塗装が仕上がっていく中で要望したものになっているかどうかを確認することも大切です。
施工期間中であっても期間外であっても、気になるポイントを見つけた時には質問をすることも重要といえるでしょう。

外壁塗装の工事業者を選ぶ際の心得について

外壁塗装の工事業者を選ぶ際の心得について 外壁塗装業は資格がなくても運営できることから、中にはほとんど素人が行なっているケースもあるので気をつけなくてはなりません。
優良な依頼先を見つけるためにも、資格を保有しているかに注目しておくようにしましょう。
建設業許可や塗装技能士、外壁劣化診断士や雨漏り診断士といった資格を取得しているスタッフが在籍している先を選んでおくべきです。
外壁に関する知識や技術を持っていることにもつながるので、納得できる仕上がりになりやすく安心して任せることができます。
最新の塗料を使えば良いというわけではなく、建物や環境、希望に合わせて最適な塗料を使うことが大切であり、そのためにも提案力もあり説明もわかりやすく、素人でも理解しやすいように丁寧に教えてくれる先を選んでおくことが大切です。
建物の劣化状況に合った的確な提案をしてくれるかが重要であり、ただ高いと利用で新しいものを勧めてくる先は避けるようにしましょう。
資格を持っているということは、一定レベルはクリアしているということを意味しているのでチェックしておくべきポイントと言えます。
外壁塗装の工事は依頼する業者により異なる点がかなり多く、良い業者を選ぶことが良い結果に繋がることは確かです。

外壁塗装の良し悪しは下地処理で全てが決まる!

新築住宅でも、10年を過ぎる頃になると外壁の艶が失われ、あちこちに小さなヒビ割れが目立つようになります。
「そろそろ外壁の塗替え時かな」と思っているなら、こんな点をチェックしてみましょう。
・外壁にヒビ割れ(大小含む)が目立つ
・手で触ると手に色が付く(チョーキング)
・築10年を超えた
・近隣で外壁塗装工事が増えた
外壁の塗替えは、約8〜15年前後だと言われます。
放置してもすぐに雨漏れに直結するわけではありませんが、早めの塗替えは家の耐久性を向上させ、見た目も当然ながら良くなります。
塗替え時の目安時期に達しているなら、そろそろ外壁塗装を真剣に考えましょう。
外壁塗装に使用する塗料は日進月歩で進化を遂げています。
しかし、外壁塗装で最も大切なポイントをご存知ですか?
実は仕上げの塗装以上に下地処理が重要なのです。
古い塗装と新しい塗装をしっかりと繋げる(密着と言います)為には、下地が古い塗膜とがっちり結合しなければなりません。
処理が甘いと「浮き」「剥がれ」の原因になってしまうので要注意です。

外壁塗装にかかる期間とスケジュール調整に注目

建物のメンテナンスをしっかりと進めていくことが必要になるため、外壁塗装に注目することは重要です。
作業にしばらく期間がかかりますし、職人のスケジュールがあるため、スケジュール調整を進めていくことも重要になります。
仕事で使っている作業場が外壁塗装の場合、スケジュール調整を行い、どうしても入り口に荷物や車の出入りが必要になる場合は、調整をして問題なく仕事が出いるようにすることも必要です。
期間がかかる時に、しばらく休業にすることができる場合は、スムーズに作業を進めてもらえるようにお休みの時期にすることもできます。
農業で使っている作業場のメンテナンスなど、出荷の忙しい時期を避けて、あまり忙しくない時期や出荷のない時期に作業を進めてもらえるようにする方法もあります。
早めに相談をした結果、スケジュール調整を進めやすくなるため、落ち着いて作業を始めてもらうのを待つことができ、安心感を持てる方もたくさんいます。

外壁塗装の色を選ぶときには失敗しない為のポイントを把握しよう

外壁塗装の依頼を行う際には色を選ぶことになりますが、仕上がった後にイメージしていたものと違ったり、汚れが目立つようになった、玄関ドアや屋根と合わないなど仕上がった後に後悔することも多く見られます。このようなことにならないためにも、外壁塗装に失敗しない為のポイントを把握しておくことが求められます。
まず第一に頭に入れておきたい事は、面積効果に注意をすることです。イメージと違っていたという失敗の理由の一つはこの効果と言えるでしょう。錯覚の一つであり、全く同じ色でも小さな面積で見た時とは見え方が異なるというものです。明るい場合は面積が広くなれば明るく鮮やかに見え、反対に暗い場合は広くなれば暗くくすんで見えます。
外壁が非常に面積が広いので、実際に希望の外壁を使っている住宅があれば参考に見てみることが大切です。またサッシやドア、屋根との相性は非常に重要です。
特に屋根は面積が広いので、家の印象を左右することにもなるでしょう。デザインや質感が屋根と合うように、選ぶようにしましょう。

外壁塗装はどのような状態になったときに行うのが良いのか?

一般的に外壁塗装は10年に1度の割合でリフォームするのが良いといわれていますが、これは一つの目安であり建物がある環境に応じて10年が8年になることもあれば12年くらい経過した際に実施すれば良い、どのような塗料を使っているのか耐用年数で考えるなどいくつかの考え方が存在しているのが特徴です。
外壁塗装に利用する一般塗料には、アクリルやウレタンなどのような比較的耐用年数が短いもの、シリコンやフッ素樹脂などのような耐用年数が長いものがあり、グレードにより実施すべきタイミングも変わります。
外壁に指で触れると白い粉が付着する、これは白亜化と呼ぶもので塗料の主原料でもある樹脂成分が表面に生じているもの、外壁塗装の目安と考えて良いものです。
他にも、コーキングがぼろぼろの状態になっていたり外壁の一部にひび割れが生じている状態もそのままでは雨漏りのリスクが高くなりますので早めに外壁塗装を行い外壁を守るといったリフォームが欠かせません。

外壁塗装について詳しく知りたい

埼玉で外壁塗装したい

新着情報

◎2021/1/14

足場の設置を依頼する重要性
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

工事後のチェックポイント
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

工事と近隣への配慮
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 工事」
に関連するツイート
Twitter

朝起きたら死ぬほどシンナー臭くて、 普段ネイルとかしないしDIYでペンキ使ったりとかもしないから 匂いの元になりそうなものに心当たりがなくて疑問に思ってたら、アパートの塗装工事やってた 家にいて気持ち悪くなるって何って感じだけど本当に臭いし頭痛と吐き気してくるし勘弁して

ご近所2軒が外壁塗装してるしガス工事とか新築工事とかで 臭いがどうしても気になって頭痛いから実家に避難しようかな

大分の屋根外壁塗装、施工・防水工事専門の会社の株式会社SK技研|お見積り・ご相談は無料です!

塗装と木工事同日施工は狂気の沙汰。

1週間ぶりに我が家に帰ってきたら外装塗装工事が進んで黄色から緑色のアパートに変わってた